コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロキ・コンムネス Loci communes theologici

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロキ・コンムネス
Loci communes theologici

神学上の異なるさまざまな主題についての論述を集めたものを意味する。プロテスタント教会では,P.メランヒトンによって最初の教義学書『ロキ・コンムネス』 (1521) が著わされた。この書では,三位一体論,受肉論は避けられ,信仰によって義とされるという点が強調されている。それはルター的福音理解のすぐれた要約といわれている。第2版はイングランド王ヘンリー8世に献呈されたもので,彼自身の聖餐論,自由意志論が現れている。またルター派初期の神学者たちによる教義学書に共通に付加された名称でもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロキ・コンムネスの関連キーワード神人協力説ハミルトンフッター

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android