コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ログログ平行移動の法則 rule of log-log translation

1件 の用語解説(ログログ平行移動の法則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ログログ平行移動の法則【rule of log-log translation】

炎光分析において共存物質の干渉がみられるとき,両対数方眼紙を用いて,横軸に測定対象の濃度 C,縦軸に対象物質の輝度 I をプロットして曲線を描く.次に一定量の干渉物質の共存下で同じ測定を行って,濃度‐輝度曲線を同じ方眼紙上にプロットすると,前と同形で平行移動した形となるので,これをずらして重ねることができる.これを,ログログ平行移動の法則*という.

濃度‐輝度曲線は IfC)の形で表せるが,干渉物質共存下では fC)=nf×fmC)と表現できるので,横軸の平行移動分 m と縦軸の平行移動分 nそれぞれ濃度係数,強度係数と呼んでいる.これを応用した特殊な定量法も考案されている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ログログ平行移動の法則の関連キーワード炎光分光分析蛍光分析炎光スペクトルフレーム分光分析炎光分析旋光分析干渉現象組合せ効果(炎光分析)クラーゲットの式ブローデ‐ティンマの式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone