コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロケットカエルアンコウ ろけっとかえるあんこうtail-jet frogfish

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロケットカエルアンコウ
ろけっとかえるあんこう
tail-jet frogfish
[学]Antennarius analis

硬骨魚綱アンコウ目カエルアンコウ科に属する海水魚。沖縄以南、中・西部太平洋、東部インド洋の熱帯域に分布する。カエルアンコウ類では一般に鰓孔(さいこう)が胸びれの基部近くに開いているが、本種は著しく後方の臀(しり)びれ基部にあり、ここから水を吹きだして移動することから命名された。英名のテイルジェットも同義。吻端(ふんたん)から長い竿が突出する。ルアーは基部が丸く膨らみ、黒い色素胞が密集し、たくさんの皮弁をもつ。背びれと臀びれの後端の鰭膜(きまく)は尾びれの基底部で体と連結し、尾柄(びへい)がない。体色は淡黄灰色で、各ひれは体より黄色が強い。体長8センチメートルほどになる。水深1.5~20メートルにすむ。日本では珍しい種類で、沖縄で台風後に打ち上げられた1個体など、数例しか報告がない。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android