コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロタール[3世] Lothar III

世界大百科事典 第2版の解説

ロタール[3世]【Lothar III】

1075‐1137
ズップリンゲンブルクSüpplingenburg家のザクセン大公(在位1106‐37),ドイツ国王(1125‐37),神聖ローマ皇帝(1133‐37)。ザリエル家の皇帝ハインリヒ4世,ハインリヒ5世に対するザクセン貴族反対派の領袖(りようしゆう)。ローマ教皇と聖界諸侯の強い支持をうけ,シュタウフェン朝のシュワーベン大公フリードリヒ2世独眼公を抑えて王位につく。ウェルフェン家のバイエルン大公ハインリヒ倨傲(きよごう)公に息女ゲルトルートを嫁し,また,イタリアのマティルダ領を与えて,彼をみずからの後継国王たらしめようとしたが果たさなかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ロタール[3世]の関連キーワードヨハネス(2世)ロタール2世(3世)寛助労働契約の期間沈括藤原通俊カタルーニャ自治州ディーエイチシー呂祖謙アラゴン連合王国

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android