領袖(読み)りょうしゅう

故事成語を知る辞典の解説

領袖

ある集団の中心となる人物を指すことば。

[使用例] 旗本八万騎袖と目された水野十郎左衛門死罪を命じられたのでは、えちぜんこうら陰謀派に加担する面々の士気に影響するところ大きい[五味康祐*柳生天狗党|1969]

[由来] 「晋書はいしゅう伝」に見える話から。三世紀の中国、王朝の時代のこと。裴秀という、若くして才能を知られた少年がいました。その母は正妻ではなく、低い身分の出身でしたが、ある時、食事の給仕をするために来客の前に出たところ、来客たちはみな、あの裴秀の母だというわけで、敬意を表して立ち上がりました。それほど才能が認められていた裴秀のことを、人々は「後進の領衣服のいちばん上にあるや袖のように、次の世代の中で最も上に立つ人物)」だと呼んだ、ということです。なお、「領」とは、襟を表す漢字です。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りょう‐しゅう〔リヤウシウ〕【領袖】

えりと、そで。
《「晋書」魏舒伝による。えりとそでとは人目に立つところから》人を率いてその長となる人物。ある集団の中の主となる人物。「各派の領袖が会合を開く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

りょう‐しゅう リャウシウ【領袖】

〘名〙
① えりとそで。
※本朝文粋(1060頃)一四・為覚運僧都四十九日願文〈大江以言〉「織忍辱以為薜衣之領袖。構止観以為桑門之枢鍵
② (衣のえりとそでは人目につきやすいところから) 人の上に立ってその代表となるような人物。人のかしらに立つ人。また、集団の中のおもだった人。
※続日本紀‐養老二年(718)一〇月庚午「材堪後進之領袖者」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉二「其筈サ、彼奴は、淫(イン)モウラル波(パ)アチイ〔放蕩連〕の、領袖(リャウシウ)じゃもの」 〔晉書‐魏舒伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android