コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロッキード・マーティンC-5ギャラクシー ロッキード・マーティンシーごギャラクシーLockheed Martin C-5 Galaxy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロッキード・マーティンC-5ギャラクシー
ロッキード・マーティンシーごギャラクシー
Lockheed Martin C-5 Galaxy

アメリカ空軍最大の輸送機。ロッキードの開発によって 1968年3月に初飛行,1969年末から量産機の引き渡しが始まった。それまでの主力大型輸送機ロッキードC-141スターリフターの約3倍の輸送能力をもち,乗員 20人のほか完全武装兵員 345人,またはM-60戦車2両,またはM-113装甲兵員輸送車5台とトラック2台を積むことができる。機体形状は肩翼式の主翼に GE TF39ジェットエンジン (推力 19.5t) 4基を取り付け,T形尾翼をもつ。巨大な胴体は前後から貨物の積み降ろしができる。全長 75.5m,全幅 67.9m,総重量 379t,最大巡航速度時速 908km,積載量 100tで航続距離約 6000km,50tで1万 kmを飛ぶ。 2006年6月 19日にはエンジンを CF6-80C2に換装して推力を 22%増とし,アビオニクスを改良した発達型のC-5Mが初飛行した。少なくとも 2040年まで使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロッキード・マーティンC-5ギャラクシーの関連キーワードジャンボ・ジェット

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android