コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロックフェラー報告書 ロックフェラーほうこくしょRockefeller's Report

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロックフェラー報告書
ロックフェラーほうこくしょ
Rockefeller's Report

1969年4~7月アメリカ合衆国の R.ニクソン大統領の命により,ラテンアメリカ 20ヵ国に派遣された使節団の団長 N.ロックフェラーにより提出された,137ページにわたる報告書。経済発展における合衆国の民間資本の役割の強調,軍事政権に対する肯定的評価,急進的革命運動への抑圧の続行がおもな内容。これらの提言はその後のニクソン政権のラテンアメリカ政策に反映され,アメリカは「進歩のための同盟」にみられた J.ケネディ政権下での理念的な政策から完全に決別して,一層現実的な政策をとるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロックフェラー報告書の関連キーワード秋田明大ゴダール(Jean-Luc Godard)アームストロングアームストロング(Neil Alden Armstrong)陳舜臣東松照明ベルイマン(Ingmar Bergman)森一生[各個指定]芸能部門磯田光一

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android