コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

進歩のための同盟 しんぽのためのどうめいAlliance for Progress

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

進歩のための同盟
しんぽのためのどうめい
Alliance for Progress

アメリカ合衆国の J.ケネディ大統領の提唱で,1961年8月に米州機構経済社会理事会で採択されたラテンアメリカ経済社会の発展のための 10ヵ年計画 (→プンタデルエステ憲章 ) 。アメリカ合衆国が中心となって 10年間に 200億ドルの経済援助と民間投資を提供するかわりに,ラテンアメリカ諸国に対して,みずから生活水準の向上,物価安定,住宅改善,識字教育の徹底,工業化の促進などを実行することを義務づけた。本来の意図は,保守的支配層に一定の社会改革を促すことでラテンアメリカ諸国の政情を安定させ,キューバ革命の影響が他へ波及することを防止することにあり,これと並行して軍部にゲリラ鎮圧能力をつけさせるため軍事援助が供与された。加盟国はキューバを除くラテンアメリカ 19ヵ国。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の進歩のための同盟の言及

【ラテン・アメリカ】より


[混沌とした変革期]
 キューバ革命はこの地域の現状変革の動きにさまざまなかたちで影響を及ぼした。アメリカ合衆国はキューバ革命の拡大を阻止するために〈進歩のための同盟〉を打ち出して,この地域の諸国の社会構造の改革や経済発展や政治の民主化に積極的に乗り出した。また工業化を促進して経済の発展を図るために1960年代初めにはラテン・アメリカ自由貿易連合や中央アメリカ共同市場が創設された。…

※「進歩のための同盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

進歩のための同盟の関連キーワード近・現代ラテンアメリカ史(年表)クラレンス・D. ディロンアメリカ合衆国史(年表)プンタ・デル・エステ憲章ロックフェラー報告書ビニャデルマル決議汎アメリカ主義米州活性化構想ドミニカ内戦

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android