コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロハ州 ロハLoja

1件 の用語解説(ロハ州の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロハ〔州〕
ロハ
Loja

エクアドル南部の州。州都ロハ。アンデス山脈中にあり,西と南はペルーと国境を接する。住民は東部山間のロハ盆地と州中央部を西流するカタマヨ川の河谷に集中する。ロハ盆地ではトウモロコシ栽培と乳牛飼育,山地斜面では穀物,コーヒージャガイモの栽培が行われ,深い谷では灌漑によりサトウキビが栽培される。また山地では肉牛とヒツジの飼育も盛ん。インディオによる手織りの毛布の産地として知られる。鉱物資源として金,銀,銅などがあるが,金以外は未開発。州中央部をペルーに通じるパンアメリカン・ハイウェーが通る。面積1万 793km2。人口 38万 4698 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone