ロブサン センゲ(英語表記)Lobsang Sangay

現代外国人名録2016「ロブサン センゲ」の解説

ロブサン センゲ
Lobsang Sangay

職業・肩書
政治家,国際法学者 チベット亡命政府首相

生年月日
1968年

出生地
インド・ダージリン

学歴
デリー大学〔1994年〕卒,ハーバード大学ロースクール

経歴
インド北東部ダージリンの亡命チベット人キャンプで生まれる。父は東チベットの僧侶から対中国ゲリラに転じた元兵士で、母はチベット動乱の中で家族とはぐれた農家の娘。チベットでの生活を経験していない難民2世。1994年デリー大学を卒業し、米国ハーバード大学で国際法を専攻。2004年同大で亡命チベット人として初めて博士号を取得。同大上級研究員としてチベットを中心とする国際関係を研究。2011年4月世界中の亡命チベット人による亡命政府首相選で当選、8月就任。チベット亡命政府はインド北部のダラムサラに拠点を置く。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android