コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローゲン川 ローゲンがわLågen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローゲン川
ローゲンがわ
Lågen

正式名称はグドブランスダールスローゲン Gudbrandsdalslågen。ノルウェー南部を流れるグローマ川の支流。全長 199km。ノルウェーの最高峰が連なるヨートゥンヘイメン山地の北東斜面に源を発し,グドブランスダール (河谷) を南東流し,リレハンメルミエーサ湖に注ぐ。支流にオッタ川,ビンストラー川などがある。ローゲン川に沿って数多くの発電所があり,トロンヘイムとオスロ間の主要道路,鉄道はほぼこのローゲン川に沿って走っている。ミエーサ湖を出てボルマ川となり,アルネスでグローマ川に合流する。なおノルウェーには,ハルダンゲルビダに発し,スカゲラク海峡に注ぐヌメダールスローゲン川,全長 337kmがあり,これもローゲン川と略称される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ローゲン川の関連キーワードベストフォール県

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android