ローストビーフ

精選版 日本国語大辞典「ローストビーフ」の解説

ロースト‐ビーフ

〘名〙 (roast beef) 牛肉を大きいかたまりのまま天火で焼いた料理。牛肉の蒸し焼き
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉六「羹に羅斯比斯(ロースピース)と曰ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典「ローストビーフ」の解説

ローストビーフ【roast beef】

牛肉の大きなかたまりをオーブンで焼いた料理。薄く切り分けて食べる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

栄養・生化学辞典「ローストビーフ」の解説

ローストビーフ

 かたまりの牛肉をそのままオーブンで焼いて作る料理.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

デジタル大辞泉「ローストビーフ」の解説

ロースト‐ビーフ(roast beef)

牛肉を天火で焼いた料理。牛肉の蒸し焼き。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のローストビーフの言及

【牛肉】より

…ヒレ(テンダーロイン),リブロース,サーロインはステーキやローストにするが,ステーキについては〈ビーフステーキ〉の項を参照されたい。ローストビーフは少なくとも1kg以上の牛肉の塊を用意し,天火でミディアム(内部に生の部分が残る程度)に焼いたものに,流れ出た肉汁の味をととのえたグレービとホースラディシュを添えて供するもので,これの冷製がコールドビーフである。ビーフシチューは角切りにしたバラ肉をいため,野菜と香辛料を加えてトマトペーストとブイヨンで煮込むもので,煮汁に小麦粉を加えることもある。…

【ロースト】より

…焼きかげんは,表面はこんがり焼色がついて内部は柔らかく,金ぐしを刺してみて赤い肉ではばら色の,白い肉では透き通った肉汁が出てくればよい。(1)ローストビーフの作り方 牛肉(背ロース)2kgに対して,ジャガイモ10個,ニンジン1本,タマネギ1個,セロリ1本,白ワイン300cc,ブイヨン400ccなどを用意する。肉の形を整えてたこ糸でしばり,塩,コショウをよくすりこむ。…

※「ローストビーフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android