コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローゼンボー宮殿 ローゼンボーきゅうでん

1件 の用語解説(ローゼンボー宮殿の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ローゼンボーきゅうでん【ローゼンボー宮殿】

デンマークの首都コペンハーゲンの中心部、広大なローゼンボー公園の中にたたずむ城。◇「ローゼンボー城」とも呼ばれる。同国の国王クリスチャン4世が夏の離宮として、建築家のベルテル・ランゲ(Bertel Lange)とハンス・ファン・シュテーヴィンケル(Hans van Steenwinckel)に命じて1606年から28年の歳月をかけて建設した、オランダルネサンス様式の建物である。この時代のデンマークの典型的な建築様式とされている。1838年に一般に開放され、この城の中には、16世紀後半のフレデリク2世の時代から19世紀までの、王室の宝物や芸術品などのコレクションを展示する博物館(宝物館)がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローゼンボー宮殿の関連キーワードコペンハーゲンコペンハーゲン学派シェラン島コペンハーゲンブルークリスチャンハウンゲフィオンの泉ストロイエスロッツホルメンコンチェルト・コペンハーゲンコペンハーゲンカーニバル

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone