コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローゼンボー宮殿(読み)ローゼンボーきゅうでん

世界の観光地名がわかる事典の解説

ローゼンボーきゅうでん【ローゼンボー宮殿】

デンマークの首都コペンハーゲンの中心部、広大なローゼンボー公園の中にたたずむ城。◇「ローゼンボー城」とも呼ばれる。同国の国王クリスチャン4世が夏の離宮として、建築家のベルテル・ランゲ(Bertel Lange)とハンス・ファン・シュテーヴィンケル(Hans van Steenwinckel)に命じて1606年から28年の歳月をかけて建設した、オランダルネサンス様式の建物である。この時代のデンマークの典型的な建築様式とされている。1838年に一般に開放され、この城の中には、16世紀後半のフレデリク2世の時代から19世紀までの、王室の宝物や芸術品などのコレクションを展示する博物館(宝物館)がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android