宝物(読み)ほうもつ

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐もつ【宝物】

〘名〙 たからとして珍重するもの。たからもの。ほうぶつ。
※古事談(1212‐15頃)一「鳥羽法皇登山御幸之時、前唐院宝物御覧之時」
※日葡辞書(1603‐04)「Fômot(ホウモツ)〈訳〉偶像の寺院の財宝」 〔魏志‐甄皇后伝〕

たから‐もの【宝物】

〘名〙 宝とされる物。たから。ほうもつ。
※書紀(720)白雉五年七月(北野本南北朝期訓)「西海の使等が唐国の天子に奉対(まうむかひ)て多に、文書(ふみ)宝物(タカラモノ)得たるを褒美て」

ほう‐ぶつ【宝物】

〘名〙 =ほうもつ(宝物)色葉字類抄(1177‐81)〕
※義経記(室町中か)五「太刀は聞ゆるほうぶつなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android