コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロータリエンジン 10A 型

日本の自動車技術240選の解説

ロータリエンジン 10A 型

・ 独NSUバンケル社と技術提携して実用化された革新的エンジンであり、世界初の2ロータ式ロータリエンジン。・ ペリフェラル・ハウシングに生じるチャターマークをカーボンアペックスシールで解決。保管場所マツダ株式会社 (〒730-8670 広島県安芸郡府中町新地3ー1)
製作(製造)年1967
製作者(社)東洋工業株式会社
資料の種類量産車
現状展示(静態)・公開
型式10A
種類ガソリン
会社名マツダ㈱
実物所在マツダ㈱
搭載車種コスモスポーツ
製作開始年1967
設計者山本健一
シリンダ配列・数直列2ロータ
サイクル/冷却方式4/強制循環式
燃焼室バスタブ
総排気量491x2cc
圧縮比9.4
質量(重量)102kg
寸法51×59.5×54.5cm
点火システムバッテリ・コイル式
放熱器方式圧力型水管式
最高出力110ps/7000rpm
最大トルク13.3kg-m/3500rpm
燃料消費率235gr/ps-h
排気ガス対応 
吸気系サイドポート
排気系ペリフェラルポート
その他 
エピソード・話題性自動車用世界初の2ロータ式ロータリエンジン
特徴往復運動部分が少なく低振動、動弁機構がなく軽量コンパクトな構造、出力軸1回転毎に爆発しトルク特性がフラット
参考文献(1)「ロータリーエンジン」山本健一編 (2)「COSMO SPORTの紹介」1967東洋工業発行
その他事項協力者:バンケル社他;ピストン:三葉型(ロータ);燃料供給方式:気化器(ゼニスストロンバーグ);燃料ポンプ:電気式;点火プラグ:2プラグ;配電器:遠心式及び真空式;

出典 社団法人自動車技術会日本の自動車技術240選について 情報

ロータリエンジン 10A 型の関連キーワードマツダコスモスポーツ機械遺産

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android