解決(読み)かいけつ

精選版 日本国語大辞典「解決」の解説

かい‐けつ【解決】

〘名〙 事件や問題などをうまく処理すること。また、それがかたづくこと。あるいは、わからないことをいてはっきりとわからせること。また、わかること。
※東京朝日新聞‐明治三〇年(1897)三月一八日「昨は改正案遂に貴族院を通過したり、輿論的宿題は解決されたり」 〔論衡‐案書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「解決」の解説

かい‐けつ【解決】

[名](スル)
問題のある事柄や、ごたごたした事件などを、うまく処理すること。また、かたづくこと。「紛争を解決する」
疑問のあるところを解きほぐして、納得のいくようにすること。また、納得のいくようになること。「疑問が解決する」
[類語]決着落着落ち着く決まる済む片付ける済ます終える上げる仕上げるこなすやっつける処理料理始末かたを付けるけりを付ける畳む

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「解決」の解説

【解決】かいけつ

もつれたことがらをとく。〔論衡、案書〕兩傳(あは)せ紀(しる)し、(あへ)て處せざるは、渾沌(こんとん)を剖破し、亂絲を解決する~と孰(いづ)れぞ。

字通「解」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の解決の言及

【協和音】より

…既に16世紀後半から,不協和音の緊張をはらんだ独特な性格が効果的に使われるようになった。しかし不協和音は和声法の体系にあってはあくまでも安定した協和音に導かれて緊張が解かれる(〈解決〉という)べきものと考えられ,協和音に従属するものでしかなかった。やがて不協和音の大胆な用法が発展するに及んで,それ自体で独立した存在意義を獲得するようになり,19世紀後半には解決されない不協和音も登場する。…

※「解決」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android