コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロータリー掘り ロータリーぼりrotary drilling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロータリー掘り
ロータリーぼり
rotary drilling

ビットを先端につけた掘り管を,ロータリーテーブルで回転させて坑井を掘削する方法。掘り管の下端,すなわちビットの直上にはドリルカラーと称する肉厚のパイプを挿入するのが通常であり,これによってビットに地層に対する高い荷重を与えることができる。この場合掘り管はドリルカラー以下の重量を吊下げて,ビット荷重をコントロールする状態に保たれる。掘り管やドリルカラーその他,ビットの上に連続して接続されたものをドリルストリングと称するが,これは中空になっており,その中を掘削泥水が通ってビットのノズルから坑底に噴出される。噴出された泥水は,地層の掘り屑とともにドリルストリングと坑壁の間を通って地表に送り返される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロータリー掘りの関連キーワードカッティングスドローワークスターボドリルドリルロッド泥水ポンプ秋田油田新津油田鑿井機械綱掘り

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android