コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坑井 こうせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坑井
こうせい

(1) chute; winze 一般に,採掘した鉱石を重力を利用して自然落下で運搬するために,母岩あるいは鉱体中に設けられる小竪坑をいう。鉱石運搬のほか,資材や充填用のずり (採掘後捨てられる価値のない母岩や鉱石) の搬入,作業員の通行,通気などの目的に用いられ,またその掘削にあたっては鉱石の探査の目的を兼ねる場合もある。一般に主要水平坑道を連結するように設けられ,その水平方向の間隔は鉱体の形,採鉱法,出鉱規模などによって異なるが,日本の鉱山の場合 10~60mである。 (2) well 石油その他の地下資源および地下の地質的構造の探査や採取を目的として,ほぼ鉛直方向に掘削された小口径の穴。探査を目的とする坑井には,地下の地質的構造を調査する構造試錐井や地質層序を調査する層序試錐井のほか,鉱物資源の賦存状況を調査する試掘井などがあるが,いずれも調査が終了するとセメントで埋立てて廃坑とする。これに対し石油や地下水などを採取することを直接の目的とする坑井は,生産井として長期間維持するために必要な設備が坑井に取付けられている。そのほかに地下の状況を長期にわたって調査するための観測井や,石油の2次回収法としてのガス圧入井や水圧入井などの坑井もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐せい〔カウ‐〕【坑井】

鉱山の坑内に設けられた、小規模な立て坑。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうせい【坑井 well】

比較的小さな径の穴を主として鉛直方向に掘ったものの総称である。地下の地質や鉱物などのサンプルを取る目的であったり,地下水をくみ上げる目的であったりで,坑井の径の大きさや深度,掘削方法に違いがあるが,石油や天然ガスを採収することを目的とする坑井が最も規模が大きく,通常数千mの深度であり,ときには1万mに近いものも掘られる。地球物理学上の調査を目的とした坑井では1万mを超えるものもある。 石油や天然ガスを対象として掘削される坑井は次のように分類することができる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうせい【坑井】

石油・ガスなどの試掘や、鉱山で鉱物の運搬・通風などのための小さい竪坑たてこう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の坑井の言及

【坑道】より

…各所の切羽(採掘場)で採掘された鉱石は,鉱井(鉱石を落とし込む小立坑。坑井とも書く)やじょうご(採掘切羽に設けられる鉱石の抜出し口)で集められ,鉱車に積まれ,列車に編成され基幹坑道へ集まってくる。大量の鉱石輸送を,中央集中運転システムでコントロールするところさえある。…

※「坑井」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

坑井の関連キーワードハイドロ・フラクチャリンググローリーホール掘削方式新潟県新潟市秋葉区草水町セメンティング[坑井]ポンピング・ユニットガン・パーフォレータスチームドライブ法クリスマス・ツリーポンピング・パワーセメントボンドログスパイラルシュートジオトモグラフィ暴噴制御費用保険メキシコ湾岸油田ケーシングパイプガスキャップ押しレフォルマ油田ドライホールスワッビングガワール油田

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android