コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロービングバグ roving bug

デジタル大辞泉の解説

ロービング‐バグ(roving bug)

他人の携帯電話を遠隔操作してマイクを作動させ、盗聴器として機能させる技術。
[補説]米国FBIが犯罪捜査の手段として利用したとされる。悪用のおそれがあるため、日本の外務省などでは執務室への携帯電話の持ち込みを禁止するなどの対策をとっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ロービングバグの関連キーワード補説

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android