コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローファットミルク low-fat milk

デジタル大辞泉の解説

ローファット‐ミルク(low-fat milk)

乳脂肪分が脱脂乳より多いが、普通の牛乳(日本では3パーセント以上)より少ない牛乳。低脂肪乳

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ローファットミルク

高梨乳業株式会社が販売する加工乳の商品名。飲み切りやすい200mlの紙パック入り。乳脂肪分1.5%の低脂肪タイプで、カルシウムを配合。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ローファットミルク【low-fat milk】

乳脂肪分を通常の牛乳の半分くらいに調整した加工乳。低脂肪乳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のローファットミルクの言及

【牛乳】より

…また,通常の牛乳に濃縮乳またはクリームと脱脂粉乳を加えて,脂肪率を4%以上とし,その他の成分をも多くした高脂肪乳もあり,これは〈加工乳〉に属する。(4)低脂肪乳 ローファットミルクともよばれる。全乳と脱脂乳をほぼ等量ずつ混合し,さらに脱脂粉乳を加えて無脂乳固形分を増加させたものである。…

※「ローファットミルク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ローファットミルクの関連キーワード覚えておきたい牛乳の種類とその内容ローファットファット

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android