コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロープロファイルタイヤ low profile tire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロープロファイルタイヤ
low profile tire

低扁平率タイヤのこと。タイヤを 100とした場合の高さの占める割合を扁平率といい,以前はこれが 70%程度のものをさしたが,現在は 60%以下のものをいう。低扁平率化は自動車の性能向上に伴って進み,45%前後のタイヤも登場している。低扁平率のタイヤにすると,グリップ性能や横剛性が向上し,ブレーキスペースを広くとることができるなどの利点があるが,乗り心地では劣るとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ロープロファイル‐タイヤ(low profile tire)

自動車用の扁平(へんぺい)タイヤ。高さに対して幅の広いタイヤ。従来のタイヤは幅と高さがほぼ等しい扁平率約100パーセントであったが、現在では最高30パーセントまで実用化されている。幅が広くなるのでグリップ力が高くなり、運動性能が上がるが、路面の凹凸が伝わりやすくなり、快適性が損なわれる傾向がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ロープロファイルタイヤの関連キーワードナタリー コーグリンマイケル フェルプスマイケル フェルプス期待値ラノミ クロモビジョヨネーサン エードリアンリスベス トリケットダラ トーレスジェイソン レザックマーリーン オッティ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android