コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローマンハーバー城壁 ローマンハーバーじょうへき

世界の観光地名がわかる事典の解説

ローマンハーバーじょうへき【ローマンハーバー城壁】

イギリスのイングランド北西部、ウェールズとの境に近いチェスター(Chester)の町を取り囲む城壁。チェスターの町は、西暦79年ごろ、ローマ人がウェールズとの戦いに備えて建設した城塞から発展した。この城壁は、この時代に建設されたもので、全長は約3.2kmに及ぶ。ただし、東西の壁は12~13世紀に再建されたものである。この城壁の上は遊歩道になっていて、チェスター大聖堂の裏庭やディー川など、町の景観を楽しみながら約1時間で一周できる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android