ローマ帝政時代(読み)ローマていせいじだい

精選版 日本国語大辞典の解説

ローマ‐ていせいじだい【ローマ帝政時代】

古代ローマの後半期の君主政時代。ローマ共和政末期の内乱時代の収拾者アウグストゥスが紀元前二七年プリンキパトゥス(元首政)すなわち実質上の帝政をはじめてから、三世紀末にディオクレティアヌスドミナトゥス(専制君主政)を敷き、三九五年の東ローマ帝国西ローマ帝国の分離を経て、四七六年の西ローマ帝国の滅亡にいたる時代。前半期は「ローマの平和」を享受した時代、後半期は国運の衰退期。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android