滅亡(読み)めつぼう

精選版 日本国語大辞典「滅亡」の解説

めつ‐ぼう ‥バウ【滅亡】

〙 ほろびること。絶えて無くなること。
※文華秀麗集(818)中・哭賓和尚〈嵯峨天皇〉「随縁化体厭塵久、帰正真機忽亡」
※将門記(940頃か)「時に州を領する間に滅亡せる者、の数幾許と知らず」 〔書経‐五子之歌〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「滅亡」の解説

【滅亡】めつぼう(ばう)

ほろびる。〔書、五子之歌〕(こ)れ彼の陶 此の冀方(はう)を(たも)つ 今厥(そ)のを失ひ 其の紀綱を亂し 乃ち滅することを(いた)せり

字通「滅」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android