滅亡(読み)めつぼう

精選版 日本国語大辞典の解説

めつ‐ぼう ‥バウ【滅亡】

〘名〙 ほろびること。絶えて無くなること。
※文華秀麗集(818)中・哭賓和尚〈嵯峨天皇〉「随縁化体厭塵久、帰正真機忽滅亡」
※将門記(940頃か)「時に州を領する間に滅亡せる者、其の数幾許と知らず」 〔書経‐五子之歌〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

めつ‐ぼう〔‐バウ〕【滅亡】

[名](スル)ほろびること。絶えてなくなってしまうこと。「国が滅亡する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android