ワイアット(Sir Thomas Wyatt)(読み)わいあっと(英語表記)Sir Thomas Wyatt

  • 1503―1542

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスの詩人。ヘンリー8世の宮廷に仕え、スペイン大使などを務める。大陸のルネサンス文化にじかに触れて刺激を受け、サリー卿(きょう)とともにペトラルカの創始したソネット形式(十四行恋愛詩)を初めてイギリスに移植した。ワイアットにはイギリス土着の古い詩形の試みもあり、その詩業はイギリス最初の詞華集『トトルズ・ミセラニー』Tottl's Miscellany(1557)に収められた。

[河村錠一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android