コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワラ Wala

世界大百科事典 第2版の解説

ワラ【Wala】

765ころ‐835
フランスのコルビー修道院の院長。同院の修道士であったが,兄アダラルドゥスAdalardus(751ころ‐826)の後をうけて修道院長となる。818年,イタリア王ベルナールの反乱にくみし,兄とともに亡命した。822年ルートウィヒ1世の命により,事実上ローマに追放された同帝の長子ロタール1世の後見人となるが,以後ロタール派の中で一貫して重きをなし,ルートウィヒ1世を追いつめた第6回パリ公会議の主唱者であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ワラの関連キーワードグザヴィエ・ローラン プティデービッド キャンピージーキアンティ(キャンティ)ムギワラギク(麦藁菊)北海道野付郡別海町野付スティーブン ラーカムエディー ジョーンズ上郷の小正月行事ゴールドラッシュ金沢の羽山ごもりホスロー[2世]ふゆみずたんぼT. ニレンダアッシュグレイウェーンライトケチマラモスクヤヤ ジャメキウシト湿原たかまつなな梶原 緋佐子

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワラの関連情報