コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワープドナノグラフェン warped nanographene

デジタル大辞泉の解説

ワープド‐ナノグラフェン(warped nanographene)

炭素原子が六角形および七角形の格子状に並び、湾曲した曲面構造をもつ分子。炭素原子80個、水素原子30個からなる。単層の平面をなすグラフェンと異なり、馬の鞍のような形状で微小なくぼみがあるため、有機溶媒によく溶ける性質をもつ。また、紫外線を照射すると緑色の蛍光を発する。化学式C80H30

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ワープドナノグラフェンの関連キーワード炭素原子

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android