ンズワニ島(読み)ンズワニとう(英語表記)Île de Ndzuwani

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ンズワニ島
ンズワニとう
Île de Ndzuwani

旧称アンジュアン Anjouan島。コモロ東部の島。ほぼ三角形をなし,中央に火山性のンティングイ山 (1595m) がそびえる。かつてはアラブの支配下にあり,奴隷市で知られた。 1506年イスラム教徒のスルタンの小王朝がつくられ,コモロ諸島全域を支配。 1886年フランス保護領の一部となった。主産物はコーヒー,バニラ,コプラ,香油用植物など。中心地は北西岸のムツァムドウ。面積 424km2。人口 12万 3000 (1980推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android