コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ンズワニ島 ンズワニとうÎle de Ndzuwani

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ンズワニ島
ンズワニとう
Île de Ndzuwani

旧称アンジュアン Anjouan島。コモロ東部の島。ほぼ三角形をなし,中央に火山性のンティングイ山 (1595m) がそびえる。かつてはアラブの支配下にあり,奴隷市で知られた。 1506年イスラム教徒スルタンの小王朝がつくられ,コモロ諸島全域を支配。 1886年フランス保護領の一部となった。主産物はコーヒーバニラコプラ,香油用植物など。中心地は北西岸のムツァムドウ。面積 424km2。人口 12万 3000 (1980推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ンズワニ島の関連キーワードアンジュアン島