一に・壱に(読み)いつに

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙 (漢籍の訓読みから出た語)
① いくつかの他の場合の中から一つを挙げると。ひとつには。あるいは。また。〔春秋穀梁伝‐文公一八年〕
② すべてのものが一つの事柄に集中しているさま。もっぱら。ひとえに。まったく。
※名語記(1275)九「一に高き心歟と覚へ侍べり」 〔詩経‐邶風・北門〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android