コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一人芝居 ひとりしばい monodrama

翻訳|monodrama

3件 の用語解説(一人芝居の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

一人芝居

俳優1人だけで演じられる芝居。日本では1926年、築地小劇場で汐見洋がチェーホフ作「タバコの害について」を独演したのが先駆。第2次大戦後は、杉村春子が48年に独演したジャンコクトー作「声」が注目された。その後、坂本長利独演の「土佐源氏」(宮本常一原作、67年初演)、渡辺美佐子の「化粧」(井上ひさし作、82年初演)の成功がきっかけとなって一人芝居が急増。イッセー尾形の「都市生活カタログシリーズは作品が300本を超え、欧米でも上演されている。その他、主な一人芝居には、加藤健一の「審判」(バリーコリンズ作)、白石加代子の朗読劇形式による「百物語」シリーズ、毬谷友子の「弥々(やや)」(矢代静一作)、春風ひとみの「壁の中の妖精」(福田善之作)などがある。

(扇田昭彦 演劇評論家 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひとり‐しばい〔‐しばゐ〕【一人芝居/独り芝居】

一人で数人の役を演じ分けて芝居を見せるもの。
相手がないのに、自分の思い込みだけでいろいろな言動をとること。「結局彼の―に終始した」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひとりしばい【一人芝居】

( 名 ) スル
登場人物が一人だけの芝居。また、ひとりで何人もの役を演じる芝居。
相手なしに自分ひとりだけの勝手な思い込みで行動すること。 「 -に終わる」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の一人芝居の言及

【モノローグ劇】より

…一人芝居。1人の俳優のみによって演じられる劇。…

※「一人芝居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一人芝居の関連キーワードモノドラマ一管田舎芝居陰芝居歌舞伎狂言子供芝居ちんこ芝居独演会一幕オフブロードウエー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一人芝居の関連情報