一力次郎(読み)いちりき じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一力次郎 いちりき-じろう

1893-1970 大正-昭和時代の新聞経営者。
明治26年8月12日生まれ。一力健治郎の次男。大正9年弁護士を開業,13年父の経営する河北新報社にはいり副社長,昭和4年社長。21年退任したが,26年会長に就任。東北放送の創立に参画し,29年社長,のち会長。昭和45年7月7日死去。76歳。宮城県出身。京都帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android