コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一力健治郎 いちりき けんじろう

2件 の用語解説(一力健治郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一力健治郎 いちりき-けんじろう

1863-1929 明治-大正時代の新聞人。
文久3年9月25日生まれ。一力次郎の父。二高,東京の国民英学会にまなび,明治24年生地の仙台で書店をおこす。27年宮城県会議員となり,地元政財界で活躍。30年藤沢幾之輔の要請で「東北日報」を買収して「河北新報」を創刊した。昭和4年11月5日死去。67歳。旧姓は鈴木。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

一力健治郎

没年:昭和4.11.5(1929)
生年:文久3.9.25(1863.11.6)
明治大正昭和時代の実業家,新聞経営者。仙台の洋品問屋鈴木作兵衛の3男として生まれ,一力家の養嗣子となる。旧制二高卒業後,植林会社などを経営し,実業家として活躍した。明治27(1894)年に宮城県会議員,翌年に仙台市会議員となった。29年改進党系の『東北日報』を秋葉忠七から買い受け,翌30年1月に『河北新報』と改題,創刊した。不偏不党を社是とし,地方紙で初めて英文欄を設けたり,また年中無休刊を宣言するなど先見性に富み,『河北新報』を東北を代表する地方紙にまで成長させた。<参考文献>『河北新報の80年』

(井川充雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の一力健治郎の言及

【河北新報】より

…仙台に本社を置く日刊紙。1897年1月17日一力健治郎(1863‐1929)が東北地方の産業と文化の振興を掲げて創刊。1900年1月,年中無休刊を宣言して30年間これを実行したほか,不偏不党を標榜(ひようぼう),広告を重視して経営の確立を図った。…

※「一力健治郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一力健治郎の関連キーワード大島宇吉小林光政式正次西村道太郎新田宇一郎原田譲二広井一美土路昌一

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone