コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一口香(いっこうこう)

1件 の用語解説(一口香(いっこうこう)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

一口香(いっこうこう)

長崎県の名物菓子。小麦粉、水飴で練った皮で黒砂糖飴を包み焼き上げたもの。黒糖の飴が溶けて中に空洞ができる。長崎市の茂木一〇香(いちまるこう)本家は「一〇香(いっこうこう)」として販売。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一口香(いっこうこう)の関連キーワード五家宝磯部煎餅ケンピこくせんちんすこう花ぼうる別子飴三笠野身延饅頭湯煎餅

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone