黒糖(読み)こくとう

精選版 日本国語大辞典「黒糖」の解説

こく‐とう ‥タウ【黒糖】

〘名〙 精製の過程を経ていないこげ茶色の砂糖。江戸時代、九州南端の薩摩近海の島や琉球で産出したのが知られている。黒砂糖。
※隣語大方(18C後)八「此三色を黒糖に雑合て 煉て 三冬に給ますれば 好御座りまする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の黒糖の言及

【黒砂糖】より

…種子島,屋久島,沖縄などでサトウキビから作られる含蜜糖の一種で,粗製で黒色塊状の砂糖。別名黒糖ともいい,日本独特の砂糖である。従来,家内工業的に製造されていたが,第2次大戦後,黒糖製造も工業的規模で行われるようになってきた。…

※「黒糖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android