黒糖(読み)コクトウ

  • くろとう
  • こくとう ‥タウ
  • こくとう〔タウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 精製の過程を経ていないこげ茶色の砂糖。江戸時代、九州南端の薩摩近海の島や琉球で産出したのが知られている。黒砂糖。
※隣語大方(18C後)八「此三色を黒糖に雑合て 煉て 三冬に給ますれば 御座りまする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の黒糖の言及

【黒砂糖】より

…種子島,屋久島,沖縄などでサトウキビから作られる含蜜糖の一種で,粗製で黒色塊状の砂糖。別名黒糖ともいい,日本独特の砂糖である。従来,家内工業的に製造されていたが,第2次大戦後,黒糖製造も工業的規模で行われるようになってきた。…

※「黒糖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒糖の関連情報