コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一向き ヒトムキ

デジタル大辞泉の解説

ひと‐むき【一向き】

[名・形動]一つの方面に向かうこと。ただ一つの事に心を向けて、他を顧みないこと。また、そのさま。ひたむき。
「お前には素直な―な善(よ)い素質がある」〈倉田出家とその弟子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとむき【一向き】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
一つの事にだけ心を寄せて他をかえりみないさま。ひたむき。ひたすら。 「 -ニモノヲスル/日葡」
一つの方向。また、一面的であるさま。 「音曲ばかりなると、又、舞・働きのみなるとは、-なれば書きよき物なり/風姿花伝」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一向きの関連キーワード風姿花伝鉄梃親父出家

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一向きの関連情報