コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出家とその弟子 しゅっけとそのでし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出家とその弟子
しゅっけとそのでし

倉田百三戯曲。 1916~17年発表。 19年初演。浄土真宗の開祖親鸞にそむいて,息子の善鸞遊女におぼれる生活をおくる。この父子の和解をはかる親鸞の弟子唯円も遊女と恋に陥るが,結婚してともに仏道に励む。親鸞の死にのぞみ唯円は善鸞に父を安心させるために仏道に入ったと言うようにすすめるが,善鸞は嘘はつけないと断り,親鸞もまたそのままの姿でみな救われていると言って死んでいく。親鸞の『歎異鈔』の主張を戯曲化したもので,作者の名を一躍有名にした作品。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅっけとそのでし【出家とその弟子】

倉田百三の戯曲。6幕13場。大正5年(1916)発表。親鸞(しんらん)の子の善鸞と弟子の唯円の信仰と恋愛問題を通して、「歎異抄」の教えを戯曲化したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゅっけとそのでし【出家とその弟子】

倉田百三の戯曲。1916年(大正5)より17年にかけて《白樺》衛星誌の一つでもあった《生命の川》に発表。ついで岩波書店より刊行され,たちまちベストセラーとなる。19年創作劇場によって有楽座で初演。大正期の宗教文学の傑作として著名。親鸞の思想を下敷きにし,宗教と愛欲,罪と愛との葛藤を問題意識として展開。親鸞とその弟子の唯円,親鸞の子の善鸞,遊女浅香らが中心人物。すべてを仏にまかせ,不信心の子も許され,親鸞の平和な死で終わるこの戯曲が契機となって,宗教文学ブームが起こり,とくに親鸞の時代ともいわれるべき現象が出現した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅっけとそのでし【出家とその弟子】

戯曲。序曲と六幕。倉田百三作。1916年(大正5)に一部を発表、19年初演。親鸞とその弟子唯円を中心に、一門の求道生活と唯円の恋愛問題を描いたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出家とその弟子
しゅっけとそのでし

倉田百三の戯曲。序曲と6幕13場。1917年(大正6)岩波書店刊。親鸞(しんらん)の子善鸞(ぜんらん)は、この世の義理に恋人を奪われ、人妻となったその人への悲恋から、他人の運命を損なったとして勘当され、遊女と酒に浸る。善鸞の偽善のない誠実さに打たれた親鸞の弟子唯円(ゆいえん)は父子の和解を図るが、自らも遊女かえでとの恋に陥り、師の導きで仏門に入った彼女と結ばれる。善鸞は、仏を信ずるかとの父の臨終の問いに、苦しげにまだわからないと答える。親鸞は柔らかな表情で、それを肯定する。純粋な浄土真宗思想と異なり、キリスト教的色彩も濃く、恋愛と性欲の相克という現世的課題と、みずみずしい情感が、若い感動をよんだ。英語、ドイツ語、フランス語、中国語に訳され、ロマン・ロランの激賞を受けた。[高橋新太郎]
『『出家とその弟子』(岩波文庫・旺文社文庫・角川文庫・新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の出家とその弟子の言及

【倉田百三】より

…1913年結核にかかり一高を退学,療養生活ののち西田天香の一灯園に入る。16年から17年にかけて《白樺》の衛星誌《生命の川》に戯曲《出家とその弟子》を発表,岩波書店より刊行され,広く読まれた。その後《白樺》誌上で活躍,書きためていた評論,感想をまとめて《愛と認識との出発》と題し,21年岩波書店より刊行した。…

※「出家とその弟子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

出家とその弟子の関連キーワードグレン・W. ショー愛と認識との出発倉田 百三浅間 昇子山田 隆也山田隆也岡田嘉子とぼとぼ居続けショー一向き枕石寺構いて泣入る覆う一門催す相合不例別事

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android