一回性(読み)いっかいせい

大辞林 第三版の解説

いっかいせい【一回性】

一回起こっただけで、再び起こることはないということ。 「 -の出来事」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっかい‐せい イックヮイ‥【一回性】

〘名〙 ある事柄一回しか起こらず、再現できないこと。
※文学とは何か(1950)〈加藤周一〉文学とは何であるか「その特殊性、具体性、一回性によって文学的体験は抽象化され」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

一回性の関連情報