一屋重郎兵衛節(読み)いちのやのじゅうろべぶし

  • いちのやのじゅうろべぶし イチのやのヂュウロベ‥
  • 一屋重郎兵衛節・一谷十ジフ郎兵衛節

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 元祿時代(一六八八‐一七〇四)に、上方で流行した俗曲。一屋重郎兵衛のうたい始めたもの。十郎兵衛節。
※浮世草子・椀久一世(1685)上「鴫野といへる里のほとりより、四挺三味線引かけ一のやの十郎べぶしにて大踊り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android