一文字則宗(読み)イチモンジノリムネ

精選版 日本国語大辞典の解説

いちもんじ‐のりむね【一文字則宗】

鎌倉初期の刀工。福岡一文字派の祖。備前の人。刑部丞。後鳥羽上皇の御番鍛冶(かじ)を務め、菊一文字といわれる。天治二~建久八年(一一二五‐九七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android