コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一文字派 いちもんじは

百科事典マイペディアの解説

一文字派【いちもんじは】

刀工の一派。鎌倉初期に興り,中期に最も栄えた備前の刀工。茎(なかご)にきる銘が〈一〉のみ,〈一〉の字に個名,個名のみのものなどがあるが,これらをまとめて一文字派と呼ぶ。則宗(のりむね)を祖とする福岡一文字派が最も古く,中期には吉房(よしふさ),助真(すけざね)らの名工が出て,豪壮華麗な作風を示した。そのほか,吉岡一文字,片山一文字,正中一文字などの諸派がある。
→関連項目備前物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

一文字派の関連キーワード月山 貞一(2代目)茨城県水戸市宮町景則(初代)瀬戸内(市)南泉一文字日光一文字一文字則宗石井 昭房菊一文字石井昭房備中物相州物日本刀長船派山鳥毛助宗国俊信房光忠則房

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android