コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

則宗 ノリムネ

4件 の用語解説(則宗の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のりむね【則宗】

鎌倉初期の刀工。備前の人。福岡一文字(いちもんじ)派の祖。後鳥羽院の番鍛冶の一人とされる。「一」の銘を中心(なかご)に切ったので福岡一文字という。現存する作品は御物・国宝・重要文化財に指定されている。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

則宗 のりむね

?-? 平安後期-鎌倉時代の刀工。
備前(岡山県)福岡の人。後鳥羽(ごとば)上皇の番鍛冶(ばんかじ)をつとめ,福岡一文字派の祖とされる。作品は御物,国宝(東京日枝(ひえ)神社蔵),重要文化財として現存する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

則宗

生年:生没年不詳
鎌倉初期の備前(岡山県)の刀工。備前には平安時代,古備前と呼ばれる刀工群がいたが,鎌倉時代に福岡に一文字派が興った。その開祖が則宗で,後鳥羽上皇の作刀の相手をしたという後鳥羽院番鍛冶のひとりに選ばれている。在銘の作品は東京日枝神社蔵の太刀(国宝),三井家の太刀(重文)など数点にすぎない。作風は細身,小鋒で,反りの高い優美な太刀姿で,鍛えは小板目肌に備前刀独特の映りが立ち,刃文は直刃に小丁字を交えたものとなり,古備前などより技巧的となっている。福岡一文字派は初期には直刃中心の刃文であったが,鎌倉中期になると日本刀のなかでも最も華やかな丁字乱れを焼くようになる。

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

のりむね【則宗】

1152~1214) 平安末・鎌倉初期、備前福岡の刀工。定則の子。福岡一文字派の祖。後鳥羽院御番鍛冶中の第一に位したと伝えられる。丁子ちようじ乱れ刃を創始。裏と表に「一」の太刀銘を切るところから福岡一文字と呼ばれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の則宗の言及

【備前物】より

… 鎌倉時代に入ってもこの古備前派は引き続いて活躍したが,やがて福岡(邑久郡長船町)の地に福岡一文字派が現れ,鎌倉中期まで名工が輩出した。この派は後鳥羽院の御番鍛冶である則宗を祖とし,初期では助宗,安則,成宗,尚宗,宗吉らがおり,中期では吉房,則房,助真が名高い。また,これとは別に〈一〉とのみ銘を切る者もいて,このために福岡一文字の名称がある。…

※「則宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

則宗の関連キーワード古備前吉房雲生実経真長真房重助末兼助延正恒(1)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone