コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一文字助則 イチモンジスケノリ

デジタル大辞泉の解説

いちもんじ‐すけのり【一文字助則】

鎌倉前期の刀工。備前の人。助宗の子。後鳥羽上皇御番鍛冶(ごばんかじ)として仕えたという。小一文字と称される。生没年未詳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone