おき

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 能楽で、大・小鼓はやしの打ち方の一つ。次第の地取(じとり)、道行やシテの上歌(あげうた)などの終わりの部分、または打上(うちあげ)という手付の次に打つ。
〘名〙 七をいう、芝居者・てきや・盗人仲間などの符丁。〔日本隠語集(1892)〕
洒落本・品川楊枝(1799)「『芝居のふちゃうを咄しねへ』『〈〉七文を、おき』」
[補注]田沼意次(おきつぐ)の紋所七曜によっていう。寄席芸人の符丁では、タヌマ、ヌマという。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おきの関連情報