コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一暴十寒 イチバクジッカン

デジタル大辞泉の解説

いちばく‐じっかん【一暴十寒】

《「孟子」告子上の「一日之を(あたた)めて十日之を寒(ひや)さば、未だ能く生ずる者有らざるなり」から》努力しても怠ることが多くては、むだになる。継続して事を行わなければ効果はあがらないということ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちばくじっかん【一暴十寒】

〔孟子 告子上「一日暴之、十日寒之、未能生者也」より。「暴」は「曝」と同じで、日にさらす意〕
何事も継続して行わなければ、成果は上がらないというたとえ。一日暖めて十日冷やす。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報