十日(読み)とおか

精選版 日本国語大辞典「十日」の解説

とお‐か とを‥【十日】

〘名〙
の、一〇。また、一〇日間。
※古事記(712)中・歌謡「日々(かが)(な)べて 夜には九夜(ここのよ)日には登袁加(トヲカ)を」
※栄花(1028‐92頃)松の下枝「ただとうかにだにたらぬ程に」
② 暦のの初めから一〇番目の日。
※竹取(9C末‐10C初)「さおととしのきさらきの十日比に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「十日」の解説

とお‐か〔とを‐〕【十日】

日の数の10。10日間。
月の10番目の日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「十日」の解説

【十日】じゆう(じふ)じつ

十個の太陽。〔淮南子、本経訓〕(げう)の時に至るに(およ)んで、十日竝び出で、禾稼(くわか)を焦(こ)がし、木を(から)し、民、する無し。~堯乃ち(げい)をして、~上(かみ)十日を射しめ、~民皆喜び、堯を置きて以て天子と爲す。(ここ)に於て天下、廣狹・險易・、始めてり。

字通「十」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android