コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一日 イチジツ

10件 の用語解説(一日の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いち‐じつ【一日】

月の第1日。ついたち。「七月一日
一つの日数。いちにち。
「彼は―も早く父に逢って話をしたかった」〈漱石それから
ある日。いちにち。「秋の一日、古都を歩く」

いち‐にち【一日】

午前零時から午後12時までの24時間。一昼夜。また、ある時刻から24時間後までの場合にもいう。いちじつ。
朝から日暮れまで。ひとひ。終日。「充実した一日を送る」
月の第1日。ついたち。
ある日。いちじつ。「一日花の山を訪れる」
わずかの日時のたとえ。「ローマは一日にしてならず」
[補説]作品名別項。→一日

つい‐たち【一日/朔日/×朔】

《「つきた(月立)ち」の音変化》
月の第1日。いちじつ。いちにち。
陰暦で、月の初めごろの日々。上旬。初旬。
「十二月(しはす)の―五日と定めたるほどは」〈落窪・二〉

ひと‐ひ【一日】

いちにち。また、いちにちじゅう。終日。「一日野辺に遊ぶ」「一日読書にふける」
ある日。先日。
「―の御返り、いかで給はらむ」〈かげろふ・中〉
ついたち。朔日(さくじつ)。
「けふは卯月(うづき)の―かは」〈今昔・二八・一二〉

いちにち【一日】[書名]

《原題、〈イタリアIl Giorno》イタリアの詩人、パリーニによる4部構成の風刺詩。1763年から1801年にかけて「」「」「」「」を刊行(うち「夕」「晩」は未完で、著者没後の刊行)。

いっ‐ぴ【一日】

月の第1日。ついたち。いちにち。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いちじつ【一日】

いちにち。ひとひ。
月のはじめの日。ついたち。 「四月-」
ある日。ある一日。 「 -山野に遊ぶ」 〔副詞的用法の場合、アクセントは [0]

いちにち【一日】

〔「いちじつ」とも〕
午前零時から午後12時までの称。 → ひ(日)
ある時刻から次の日の同一時刻までの24時間。一昼夜。 「 -早く到着する」
朝から晩まで。終日。 「 -の仕事を終える」
ある日。 「初秋の-、郊外に遊ぶ」
月の最初の日。ついたち。
短い期間。 「ローマは-にして成らず」 〔副詞的用法の場合、アクセントは [0]
[句項目]

いっぴ【一日】

ついたち。 「五月-」

ひとひ【一日】

いちにち。
いちにちじゅう。終日。ひねもす。 「春の-を浜辺に過ごす」
ある日。先日。いちにち。 「 -、さき追ひてわたる車の侍りしを/源氏 夕顔
ついたち。いちにち。 「今日は卯月の-かは/今昔 28

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一日の関連キーワード午後午前五夜三更二十四時間零時子一つ立会時間モーニング・ドライブ視聴率3冠王

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一日の関連情報