一月三舟(読み)イチゲツサンシュウ

デジタル大辞泉の解説

いちげつ‐さんしゅう〔‐サンシウ〕【一月三舟】

仏語。一つのも、止まっている、北へ行く舟、南へ行く舟から見るとそれぞれ異なって見えるように、人はそれぞれの立場によりの教えを異なって受け取るということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちげつさんしゅう【一月三舟】

〔一つの月でありながら、舟の動きによって、月がいろいろの方向に動くように見えることから、仏を月に、衆生しゆじようの心を舟にたとえて〕
みる人の立場によって仏の教えもそれぞれに異なってみえること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android