コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一月三舟 イチゲツサンシュウ

2件 の用語解説(一月三舟の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いちげつ‐さんしゅう〔‐サンシウ〕【一月三舟】

仏語。一つの月も、止まっている舟、北へ行く舟、南へ行く舟から見るとそれぞれ異なって見えるように、人はそれぞれの立場により仏の教えを異なって受け取るということ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちげつさんしゅう【一月三舟】

〔一つの月でありながら、舟の動きによって、月がいろいろの方向に動くように見えることから、仏を月に、衆生しゆじようの心を舟にたとえて〕
みる人の立場によって仏の教えもそれぞれに異なってみえること。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone