コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一月三舟 イチゲツサンシュウ

デジタル大辞泉の解説

いちげつ‐さんしゅう〔‐サンシウ〕【一月三舟】

仏語。一つのも、止まっている、北へ行く舟、南へ行く舟から見るとそれぞれ異なって見えるように、人はそれぞれの立場によりの教えを異なって受け取るということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちげつさんしゅう【一月三舟】

〔一つの月でありながら、舟の動きによって、月がいろいろの方向に動くように見えることから、仏を月に、衆生しゆじようの心を舟にたとえて〕
みる人の立場によって仏の教えもそれぞれに異なってみえること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一月三舟の関連キーワード動き仏語方向衆生

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android