動静(読み)どうせい

精選版 日本国語大辞典「動静」の解説

どう‐せい【動静】

〘名〙
① (━する) くこととかなこと。事あることと事なきこと。また、行動したりしなかったりすること。どうじょう。
※本朝文粋(1060頃)三・弁散楽〈秦氏安〉「動静治乱之不同。声之所和謂之楽
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉電影「時にって動静(ドウセイ)するが政事家の活手段ぢゃ」
② 物事の動き・状態。有様。様子。どうじょう。
※玉葉‐治承五年(1181)四月二二日「凡近日之風聞、朝暮有変、遂其動静如何」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉二「間諜を用ひて世情の動静を探索するは」 〔六韜‐虎韜・動静〕
③ たちいふるまい。動止。
※文徳実録(879)「動静由衷、毛挙無失」 〔礼記‐楽記〕

どう‐じょう ‥ジャウ【動静】

〘名〙 (「じょう」は「静」の呉音)
※梵舜本沙石集(1283)四「動静(どうじゃう)一致にして、法界性を全くす」
※雑談集(1305)四「語黙動静(ドウジャウ)躰安然也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「動静」の解説

どう‐せい【動静】

[名](スル)
物事の動き。ありさま。ようす。「動静を探る」「天下の動静
行動したり、行動せずにじっとしていたりすること。
「時に随って―するが政事家の活手段」〈魯庵社会百面相
[類語]状態様相模様態様様態状況概況情勢形勢容体気配調子近況近状現状現勢現段階局面様子実況成り行き具合ぐあい有りさま有りよう性状事態雲行き風向きシチュエーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「動静」の解説

【動静】どうせい

行止。ふるまい。〔易、艮、彖伝〕時止まるべくんば則ち止まり、時行くべくんば則ち行き、動靜其の時を失はず、其のなり。

字通「動」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android