一条流(読み)いちじょうりゅう

精選版 日本国語大辞典の解説

いちじょう‐りゅう イチデウリウ【一条流】

〘名〙 浄土宗、鎮西派六流の一つ。礼阿然空を祖とするもの。彼の門葉が多く京都一条の清浄華院に住したところからいう。また、彼の住んでいた仁和寺西谷、法光明院にちなんで、西谷流ともいう。徳川初期に衰微して、法灯が絶えた。一条派

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android