コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法灯 ホウトウ

2件 の用語解説(法灯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほう‐とう〔ホフ‐〕【法灯】

仏法がこの世の闇(やみ)を照らすことを灯火にたとえていう語。のりのともしび。
高徳の僧。最高位の僧。
仏前に供える灯火。

ほっ‐とう【法灯】

ほうとう(法灯)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の法灯の言及

【不受不施派】より

…厳密な意味での不受不施派とは,この禁教後の地下教団を指していうことが多い。地下教団は全国各地にかくし庵をもち,内信―法立(ほうりゆう)―法中(ほつちゆう)―法灯(法頭)(ほうとう)の系列で組織された。法立は表面だけの転向さえ拒んで人別帳をはずれて無宿(むしゆく)や無籍となって家を捨て,法中に随身した強信者。…

※「法灯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法灯の関連情報